◎力和

作出年度:昭和15年

作出者:杉山力蔵(愛知県)

命名者:杉山力蔵、竹内金輔、岡田和吉(愛知県)

登録年度:昭和50年

登録者:杉山力蔵、竹内金輔、岡田和吉(愛知県)

・杉山力蔵氏と岡田和吉氏が共有したため「力和実生」と呼ばれ親しまれていたが、昭和48年に待望の覆輪が完成し話題になった。

 葉長5cm、葉幅3cm内外の小型種。葉肉が特別厚く、首太く、全体に丸い「力和」というイメージそのものである。丸止めの葉型を「力和型」といわれるほど、ひとつの基本型をなす代表的品種である。甲竜、雅糸竜を現し力強く愛嬌がある。

 性質は強健、採光・施肥とも普通。繁殖は普通である。

 (日本おもと業者組合 編著 「おもと360種の特徴と育て方」より出典)