◎家宝都の図

作出年度:昭和32年

作出者:平井修造氏(新潟県)

命名者:相沢広吉(埼玉県)

登録年度:昭和40年追認

登録者:日本萬年青連合会

・実生系の「都の城」に図が現れたもので、おもとの世界ではあまりにも有名な品種のひとつとなっている。立ち葉性で葉幅が広く、純白な覆輪の中の濃緑色の地合いに吹雪のような雪白な図が全体に入り、まさしく家宝という銘にふさわしい、大葉おもとの大御所的存在である。

 性質も強健で、子上げも良い。最近では割合入手しやすくなり、初心者からベテランまで幅広い人気を保っているのもうなずける。愛好者にぜひおすすめしたい一品である。

 (日本おもと業者組合 編著 「おもと360種の特徴と育て方」より出典)