審査講評

田哲園 園主 田中栄二氏

楽しく鑑賞させて頂きました。総じて植え込みや苔の置き方など美しく仕上げていますね。

品揃えも多彩で、一般の方に見てもらえればと残念な思いです。

中村園 園主 中村夢弥氏

新型コロナ感染拡大の観点からこういった審査、大会となり会員の皆様や審査にあたった審査員の皆様、更に事務局の石橋さん、大変ご苦労様でした。私も戸惑いを隠せず審査にあたった次第です。それでも会員様方におかれましてはモチベーションが下がることもなく本当にオモトを愛されておられるんだなぁとつくづく感じる名品、名作が一堂に揃い感激致しました。これからも感染に注意して楽しいオモト談議が再開できますよう祈念したいと思います。

大斑園 園主 大谷祥治氏

今年の作は採光が少ないように思いました。採光をもっと採れば、腰が太く葉幅もひいて良くなります。
今後とも培養に励んでください。

宝生園 園主 水野圭子氏

今年は7月の長雨に8月の猛暑と気候が極端でしたが良く作られたと感じました。

多少今年の葉が徒長気味の万年青もありましたが良く管理されたと言うのが率直な感想です。

万年青の植え付けや苔置きなど、少しもったいないと感じた木もありました。

是非、1番綺麗に見えるよう考えながら植え込んであげて下さい。

コロナが落ち着いたら勉強会なども計画するのも良いかと思います。